永代経法要履歴

平成29年度 永代経法要  5月23・24日

IMG_8579.JPG 

本年も永代経法要が滞りなく勤修されました。

式次第は昨年と同様で、
23日午後、中尊前にて「大無量壽経」読誦、
24日午前、永代経法名前にて「観無量寿経」読誦、
午後、中尊前にて「阿弥陀経」並びに
正信偈同朋奉讃式の読誦、となります。

住職装束 
23日 紅松皮色裳附(色衣)長春色五条袈裟 
24日 黄菊色裳附 擬講五条袈裟 浅黄色黄大紋差貫(袴)
次第詳細及び内容説明は、下記(28年度永代経法要ページ)をご参照ください。

IMG_1003[1].JPG IMG_1014[1].JPG

23日午後1時 「大無量壽経」読誦  中尊前法要

IMG_8549.JPG IMG_8554.JPG

24日午前11時 永代経法名前「観無量寿経」読誦と説明(住職)

IMG_8567.JPG IMG_8569.JPG

午後1時 法要前のお待ち受け法話(大島師) 法要の説明(副住職)

 法要勤行は、上掲の動画でご覧いただけます。 

IMG_8584.JPG IMG_8560.JPG

法要後ご法話 大島義男師

「薫習(くんじゅう)ということ」
ある経験は次の経験に影響する、次の経験として残ります(親の背をみて子は育つ)。
経験にはいつも繰り返される可能性が残ります(来店した客が去った後には、また来店する可能性が残る)。
現在の経験が未来の可能性として宿されていくのです。
一度切りの人生だが、一回では終わらず、次の代の可能性となり、また縁ある方々に経験の可能性として残っていくのです。
「どうせ死ぬ、たった一回限りの人生」ではありません。

「縁が熟す」時、その人の経験は消えても、周りの方々に経験する種子(しゅうじ)が残されており、我々の中に亡き人の経験が宿され生かされ、伝えられていくのです。

真宗の永代供養とは、亡き人の人生が一回では終わらず、我々がその人から宿された経験をするということで、人生の意味が残り蘇えることをいうのです。

その経験こそが「念仏申す身となる」ことなのではありませんか。(住職聴記)

 

IMG_85952.jpg

法要とご法話の後、皆さん笑顔があふれています。

IMG_8599.JPG

控室の法中も笑顔です(住職が反省せよと声明に注文を付けたにも拘らず)。和気藹々として群馬組はよい雰囲気です。

永代経準備 

junnbi.jpg

4月下旬、世話人の方々、ご案内の発送準備、ありがとうございました。

23日

IMG_0980[1].JPG IMG_0983[1].JPG

坊守 活込み中(先ずは真の木)   総代さん 打敷きと華束を飾ります

IMG_0987[1].JPG IMG_1002[1].JPG

豊岡さん 本堂幕も手慣れたもの      お勝手方も始動

 image.jpg

 祖師前も荘厳されました

IMG_0995[1].JPG

法名前も整います

24日

IMG_8530.JPG IMG_8533.JPG

帳場の総代さん          お勝手方大忙し

IMG_8534.JPG IMG_8536.JPG

精進弁当完成
豆ご飯、しのだ巻(新じゃが、絹さや添え)、ゴマ豆腐、ほうれん草胡麻和え、紅白なます、漬物、水羊羹。昆布シイタケだし、揚げネギ豆腐の味噌汁。

IMG_8541.JPG

坊守も割烹着を着替えて、総代さんお勝手方と。
皆さま、本年も誠にありがとうございました。

 

 

平成28年度 永代経法要 ←ここをクリック

IMG_4405.JPG

詳細は上記標題をクリックしてご覧ください