本元寺墓地 (永代供養墓)

本元寺墓地は、東町214にあります。 高崎駅東口から北東方向、徒歩10分程度です。

車の方、お寺からは、→の経路です。国道354を伊勢崎方面(東)へ、長野堰用水側道(手押し信号アリ)を右折した右側です。五万石騒動の碑に隣接しています。

image.jpeg 

 

 image.jpg

 本元寺東町墓地入口   

image.jpg

倶会一処墓(永代供養墓)

平成二十七年建立の倶会一処(ともに一つのお浄土で会おう)墓です。中には、聖なるガンジス川の砂を(少量ですが)入れた仏器を納めてあります。

桃紅色の石は、印度のクシナガラ(釈尊入滅の地)のあるウッタル・プラデーシュ州の産。灰青色の石は、玄中寺(浄土七高僧中の曇鸞・道綽・善導大師所縁のお寺)がある、中国山西省の産。そしてお墓の所在は、この日本の高崎の本元寺で、すなわち、印度・中国・日本という仏教伝来の経緯があらわされています。

中央の名号「南無阿弥陀佛」は前住職の遺墨で、前方に法灯を掲げ、生死の大海を渡る阿弥陀様の救いの舟が象られています。正面の、親鸞聖人高僧和讃「生死ノ苦海ホトリナシ  久シク沈メル我ラヲハ  弥陀弘誓ノ舟ノミソ  乗セテ必ス 渡シケル」は、現坊守の撰、現住職ノ書。

image.jpeg

墓地

 IMG_9891.JPG    IMG_9890.JPG

 写真左、平成二十年まで五十年以上、墓地の管理をして頂いた上田さん(平成二十二年十二月命終)。長い間、お世話になりました。写真右、檀家さんのお友達と。

 

 

 image.jpeg   

↑写真をクリックしてください。

墓地の管理は、世話人の豊岡石材(027-323-3293)さんに依頼しています。